経営理念

経営理念

心に残る仕事を通じて、お客様に愛され、社会に親しまれ、日本のあしたにエナジーを!

創業当時、日本はバブル景気に向かう経済成長が始まっていました。
既に「モノ作り大国」として世界に認められていた日本は、次々と新しい製品を生み出していました。

当時の当社は技術に特化した「職人集団」として、一人一人のエンジニアが自らの技術力で勝負するという状態でした。
技術力さえあれば、営業などしなくても仕事は後から後からいくらでも入ってきた時期でした。

しかし、そのような時期はバブルの崩壊で終焉します。
当社も非常に厳しい経営状態となり、危機に陥ります。

その時、試行錯誤の中から見えたもの、それが「顧客満足」でした。

これからの時代、お客様が求めているものは技術力だけなのか…
本当に必要なものは何なのか…

私たちが至った結論は、私たちの仕事を通じて、「お客様に幸せになっていただく」ということでした。
私たちはそれを「経営理念」としてまとめ、社員全員が一丸となって、その目的に向かって走り始めたのです。

その後、経営理念は会社の成長や株式上場、合併、社会からのニーズの変化に応じて何度かリニューアルを行い、現在に至っています。

その中で一貫していることは、「誰かの笑顔のために頑張りたい」という気持ちと「仕事を通じて自己成長したい」という想いです。
そして、お客様や仲間達と仕事のやりがいと「感動」を共有しながら、100年、200年と社会から愛され、必要とされ続ける会社を創ってゆきたいと考えています。

私達は、”本気で”経営理念を実現したいと思っています。
全社一丸となって、お客様や社会のため、心をこめて仕事に取り組んでまいります。

行動基準

おもてなしの 「心」を育て、ものづくりの「技」を磨き、やりきるための「体」をつくる。私がガンバレば、ハッピーになる人がきっといる。

大切な人をおもてなすための心を育て、質の高いもの作りのために技を磨き、お客様の要望に迅速に応えるために体(自分自身と組織体)を鍛え、自分以外の人をどれだけ幸せにできるかを行動の基準とします。

これが私たちの仕事観です。